実験思考

最近見つけた面白い本の紹介です。2017年に「CASH」という即現金化サービスをリリースして話題になった光本勇介さんの書かれた「実験思考」です。

通常1500円程度はする単行本を印刷原価390円で販売、読者は対価を自由に設定し本に印刷してあるQRコード経由でその対価を後から支払うというシステムで、支払う金額に応じて特典をつけるというクラウドファンディング的な新しい試みです。支払額の総額がリアルタイムでネット上で見られるという仕掛けも面白いですね。

実際には発売後約1.5ヶ月で支払い総額が1億円を突破したため、現在実験は停止し、その実験レポートが次のサイトで見られます。

価格自由実験レポート

支払い金額に応じた特典がよく考えてあり、実験レポートを見ると実際に1000万円とか500万円を支払った方もいらっしゃいます。

金額別の特典は次の通りです。

・1500円:「お名前をサイトの『Thank You!』欄に載せさせていただきます」

・3000円:「光本の限定インスタグラムのアカウントをフォローできるようになります。光本が毎日見て感じたことを、1日最低1回更新を目指して投稿していきます」

・5000円:「著者光本勇介と編集者箕輪厚介の対談動画のURLをお送りします」

・1万円:「1年間、月に1度、思いついた事業アイデアをお送りします」

・5万円:「月に1度、光本が頭にGoProを付けて朝から寝るまでを生配信するのでそれを閲覧できます。光本の生活を覗き見してみてください」

・10万円:「光本との1時間のお打合せ権利をご提供いたします」

・30万円:「光本勇介とLINE交換しましょう!何度ご連絡いただいても、少なからず次半年は可能な限り48時間以内には返信します!」

・50万円:「光本勇介との夕食会(都内)、事業や実験について話しましょう!光本がご馳走させていただきます!」

・100万円:「光本勇介講演会開催権利をご提供いたします。※講演会に関しては別途移動費の実費を頂きます。また日帰りで都内に戻れる場所に限ります」

・500万円:「一緒に韓国のカジノに行き、500万円を元手に、2回だけ、確率1/2のルーレットに賭けましょう!うまくいけば2000万円になります。下手したら0円になります。元手を引いて、勝ち金は全てお戻しします。私は比較的、運はいい方で、今までカジノも圧倒的に勝っています(笑)」

・1000万円:「半分の500万円を資本金にして著者光本勇介と一緒に会社を立ち上げましょう。アイデアがなければ光本が提供します」

 

また、本の内容も面白く、私がいいなと思った部分を以下抜粋します。

・ぼくにとって、すべてのビジネスは「実験」です。

・実験なら失敗しても納得できます。失敗も無駄ではなく、ひとつの「検証結果」になる。それはあきらかに「価値」なのです。

・大切なのは「とにかくやってみよう」の精神です。

・「実験思考」が身につくと世の中の課題があればあるほど、楽しくなります。不便なこと、めんどうくさいことが、ぼくにとっては「宝物」になり、世界が180度違って見えてきます。しかも、すべての失敗が貴重なデータになっていくので、失敗という概念すらなくなります。毎日が楽しくならないはずがありません。

・先の見えない時代、混沌とした時代は、普通の人にとっては不安な時代かもしれません。しかし、実験思考の人にとっては、これほどおもしろい時代はありません。

この本の中には、光本さんがこれまで実践してこられた実験思考の実例が多数紹介されていますので、どうすればこの実験思考ができるのか、そのヒントをいろいろと得ることができます。スタートアップに限らず大企業の若手こそ参考にするといい本だなと感じました。

私も若手によく話しているのが、「新しい企みを会社でやるときは、実験と称してさっさとやってしまうといい」ということです。新しいことを正式にやろうとすると、事前に企画を完璧にしようというマインドになりがちで、議論に時間がかかってしまいスタートが遅れます。また、やってみて思ったほどうまくいなかった場合でも、企画をしっかり詰めていると途中で止めるのが難しく、とりあえず予定したことを全部やってみよう。そしてその後に振り返りをして、次の改善策を練るというステップになってしまいます。つまり、スピードがどんどん遅くなり、結果として質の向上がなかなか図られないということになります。

これから大企業の中にも「実験思考」が広まっていくと、もっと面白くなるのではと思いました。